23

「奈川そば振興組合と戸隠そばの再興大作戦の有志との研修会に「戸隠」へ行ってきました。

1月22日AM8:00雪の中、出発。やはり「戸隠」も例年に比べ雪が少ない感じでした。

会場は、「大久保の茶屋」歴史を感じる建物。

「そばどころ」として、古くから名をはせている戸隠は、農地の遊休化が進む中、地元産の蕎麦の慢性的な不足傾向に有志が集まり、在来種による特性を活かした増産への取り組みをしていると。

何か得るものがあれば、また奈川との違いは?

取り組みとしては、奈川のほうが全地区上げての取り組みとして一歩進んでいるかなあと!!

品質的には、「奈川そば」の再確認ができたのかなあと(あくまでも個人的な見解)

でも、意欲や研究熱心なこと、蕎麦の名産地としての「戸隠」には学ぶべき点もたくさんありました。

研修としては、販売や営業やブランドとしての話もお聞きできればと、残念でした。
またの機会があれば、是非、観光担当者や商工関係者にも出席をお願いしたいものです。

聞き耳を立てる他に類を見ない、幻のそば「奈川そば」の、一段上を目指す取り組み(研修会)の一日でした。