今年のNHK連続テレビ小説「おひさま」の舞台は、長野県の安曇野と松本。
老舗そば屋「丸庵」に嫁いだヒロイン・陽子の戦中戦後の一代記。
毎日、楽しんでご覧になれている方も大勢いらっしゃることでしょう。

物語はすすみ、先日は白無垢を着た婚礼の場面が放映されました。
ご覧になりましたか?婚礼の席で振舞われた「とうじそば」を。
「とうじそば」を蕎麦屋の主人であるヒロイン・陽子の義父さんが、みんなに振舞っていました。

「とうじそばだで、どうぞめしあがってください。」と。

そして画面いっぱいに「とうじかご」で汁におそばをくぐらせていました。
http://www9.nhk.or.jp/ohisama/special/syugen/
(NHK連続テレビ小説「おひさま」ウェブサイト・スペシャル【結婚式】中ほどの写真)

とうじそば
蕎麦処として有名な信州松本では
「とうじそば」という食べ方があります。
ゆでたお蕎麦を小分けにして、
「とうじかご」という道具で
具沢山の温かい汁にくぐらせお椀に盛って食べます。
ここ信州・松本奈川での古くからの食べ方です。
松本市奈川(旧南安曇郡奈川村)は、
とうじそば発祥の地として有名です。


実は…私たちは松本城での撮影時にNHKのスタッフにとうじそばを振舞ったんですよ。
そして「とうじそばは、祝いの席などで昔から奈川では振舞われてきたのですよ」と説明してきました。
もちろん陽子役の井上真央さんにも食べていただきました。
そのときの写真がこちらです。
http://www.mao-inoue.jp/diary/index_4.php
(ページ真ん中ほどで黄色のワンピースを着て「とうじそば」のお椀を持っている井上真央さん)

なにはともあれ、是非奈川に本物のとうじそばを食べに来てください。
真央さんも食べた、信州松本でもいちばん美味しいといわれる奈川産のお蕎麦が食べられますよ。